非破壊検査

非破壊検査

非破壊検査

非破壊検査とは、品物を壊さず、内部に問題がなく、継続して安全に使用できるかを 検査することです。代表的な検査方法は、医療で実践されている放射線や超音波があります。 対象物は、ビルや工場、プラント、高速道路、橋などの建物、船舶や鉄道などの車両と多岐に わたります。検査の時期は、対象物の完成前の検査、使用中の定期点検、保守など完成前から 交換、廃棄まで、すべての工程の検査を行い、「安全と安心」を確認しています。


人々が生活する住まい・職場、ガス・電気などのライフライン工場、交通車両など、すべての場面で安全と環境をカバー。決して目立つことはありませんが、社会の「安心できる日常」に貢献しています。人がつながり、モノがつながっているところには、必ず私たちが必要です。
非破壊検査は、「つながり」を大切にしています。

 

 

 

IMCは非破壊検査のスペシャリスト集団です。

非破壊検査

実施・確認したい事項 検査方法 主な検査場所
製造部品の内部検査・コンクリート内部の確認 放射線透過試験 ・工場 ・石油化学プラント
・ビルのコンクリート
溶接内部のきずの有無 超音波深傷試験 ・橋梁の溶接部
・鉄骨の溶接部
金属物の表面きずの有無 磁粉探傷試験 ・ガスタンク
・石油化学プラント
金属、プラスチックなど、表面きずの有無 浸透探傷試験 ・船舶
・石油化学プラント
金属物の表面きずの有無 渦電流探傷試験 ・橋梁の溶接部
・石油化学プラント等の熱交換器
鉄管や構造物の応力、変形の測定 ひずみゲージ試験 ・発電所内の水圧鉄管
・鋼製ゲート

その他、診断や検査を随時行っております。

 調査診断>>
 ビルの点検  構造物調査 ・鉄筋
・埋設物
 設備機器、配管を部分的に点検  設備配管調査 ・設備配管
保安検査>>
機器・構造物の保守検査 圧力容器の開放検査 ・石油化学プラント
・ガスタンク
PAGE TOP